ギャルが「上」で、オタクは「下」の支配構造
なぜあのグループは“上”でこのグループは“下”なのか…気鋭の教育社会学者が、教室を支配する「地位の差」に肉迫!

ネットに登場し、共感により広まる

 では、森口さんはどこから「スクールカースト」の情報を集めたのでしょう。

 じつはそのことについて、森口さんは本の中であまり詳しくは言及していません。「近年若者たちの間で定着しつつある言葉」(4142頁)とは言っているけれども、どこで定着・普及した言葉なのかということに関しては、本の中でいっさい触れていないのです。

 そして、言葉の出自に関しても説明はありません。ですから、ここからはあくまで推測にすぎないのですが、おそらく森口さんは、インターネット上で「スクールカースト」に関しての情報を収集していたのではないかと考えられます。

 なぜかというと、『いじめの構造』の出版後、朝日新聞出版発行の『AER…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01