外交の「道徳的敗北」とは?
「戦後問題」を発端に刻一刻と悪化する日本の立ち位置。打開策を緊急提言!

提言 「戦争責任問題」の当面の解決

 しかしそれでは、ここでまたモラトリウムに逆戻りし、靖国の本質にかかわることについては再び何もしないということで終わってしまうのか。

 釈然としないところがある。

 太平洋戦争が終わるまでに国のために命を捧げた人たちに報いる場所として、筆者は靖国に勝る場所はないと考えてきた。それはあまりにも多くの人たちが、英霊もその家族も「靖国で会おう」という物語を背負って生き、亡くなっていかれたからである。

 そういう大事な場所であるなら、今看過しえないもう一つの問題がある。七八年のA級戦犯の合祀以来、昭和天皇が靖国にお越しになったことがなく、また、今上陛下も靖国に行かれないとい…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01