外交の「道徳的敗北」とは?
「戦後問題」を発端に刻一刻と悪化する日本の立ち位置。打開策を緊急提言!

遊就館のはらむ問題

 筆者がモラトリウムの間に解決すべきと考えたもう一つの問題は、歴史を物語る遊就館をどう考えるかの問題である。靖国神社に属する遊就館には今三つの機能が併存している。

 第一は、戦没者の遺書、遺品、家族の想いなど、靖国に安置された英霊自身に係る展示である。第二は、そういう英霊たちが戦った自らの歴史観を当時にさかのぼってできるだけ正確に描こうという歴史認識の展示である。第三は、いわゆる軍事博物館の機能であり、「零戦」を始めとする太平洋戦争で使われた兵器を中心とする。

 英霊のたまを祭った靖国神社に最もふさわしいものは、この第一であり、遊就館の内容をこの第一にしぼったらというのが、…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01