外交の「道徳的敗北」とは?
「戦後問題」を発端に刻一刻と悪化する日本の立ち位置。打開策を緊急提言!

おわりに 危機を打開する外交戦略

歴史問題と領土問題の「非政治化」

 筆者が二〇〇二年に外務省を退官した後、日本語で自分の意見を発信し始めたのが二〇〇六年の夏。本書は、その後の一〇年の間、自分なりの問題意識をもって書き続けてきたものの中から、今一定の区切りをつけたいと考えたものを選びぬいた所存である。

 選んでみると、とりあげた問題が、歴史認識問題と領土問題に集中していること、相手国が、中国・韓国・ロシア、かつ、すべての問題の背景にアメリカがいることに、今さらながら気付かされる。

 歴史認識問題と領土問題を考えてきた筆者の問題意識は、一貫したものだったと自分では考えている。現下の日本が世界に置かれてい…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01