「領土神話」が日本人の思考を麻痺させている
日本がかかえる三つの領土問題はどうすれば解決するのか。

第一部 外交交渉から見た領土問題 東郷和彦

第一章 二十五年間の交渉に敗北した北方領土問題

 北方領土問題の本質的な意義

 北方領土問題は、「領土問題」ではない、「歴史問題」である。

 講演などで時折聞かれることがある。

とうごうさんは、どうしてそこまで北方領土問題にこだわるんですか」と。質問者の言葉には、「日本にとって、あの四島が返ってきてどういう利得があるのですか。それは、四島周辺の漁業の利得のためなのですか。それとも、四島を獲得することは、安全保障上の利益があるからなのですか」といった含みがある。

 私たちが、北方領土問題を対ロ外交の最重要問題として追求してきたのは、経済的利得のためでもなけれ…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01