「非軍事兵器としてのフェイクニュース」を徹底解説
日本でも見られるネット世論操作はすでに「産業化」している――

■インドネシア ネット世論操作業者が選挙戦で暗躍

 近年インターネット人口が急増しており(二〇〇五年八百十万人から二〇一五年五百六万人)、SNSの影響も増大している。インドネシアは世界5位のツイッター利用者、世界4位のフェイスブック利用者、マレーシアに次いでアジア太平洋圏2位のWhatsApp利用者(人口のほぼ40%に当たる)を抱える。利用されているSNSはツイッター、フェイスブック、WhatsAppである。

 インドネシアではフェイクニュースはネットが普及する前から広く存在していた。選挙ごとに民族や宗教に関するフェイクニュースが流されていた。それはネットの普及とともに広がった。『情報操作 デモク…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01