「非軍事兵器としてのフェイクニュース」を徹底解説
日本でも見られるネット世論操作はすでに「産業化」している――

■マレーシア 世界最大級の金融不祥事を巡るネット世論操作

 フェイクニュース対策法での世界最初の逮捕はマレーシアで起きた。マレーシアでパレスチナ人が殺害された際、警察が五十分もかかって到着したことが死亡の原因だとSNSに投稿し、ユーチューブにビデオを投稿したデンマーク人が逮捕された。マレーシア警察は八分で到着したと主張し、容疑者も間違いだったと認めたため、有罪となり、一カ月の懲役となった。

 だが、これはマレーシアのフェイクニュース対策法の本来の目的とは違う運用だった。同法の主たるターゲットは政府批判者だ。

 近年のマレーシアを語る上で欠かせないのが1MDB事件である。1MDBはマレーシアの政府系投…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01