「非軍事兵器としてのフェイクニュース」を徹底解説
日本でも見られるネット世論操作はすでに「産業化」している――

■巨大な影響力を持ったSNS企業はもはや国家である

 これまで紹介したネット世論操作の主戦場はSNSである。フェイクニュースはそこで発信され、配備されたボットなどによって拡散されてゆく。そのSNSは民間企業のサービスだ。当然、プラットフォームを提供しているフェイスブックやグーグルなどの影響力はネット世論操作の広がりとともに大きくなってゆく。

 SNS企業はもはや政治や戦争と無縁ではいられない。SNSそのものがすでに政治や戦争の中心にあるのだ。たとえばフェイスブックはネットがまだ普及していない地域に無償のインターネット接続サービスを提供しているが、これがその地域の政治的、社会的な混乱を招くことがある…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01