破傷風、コレラ、ペスト…未知の病との闘いに挑んだ日本人
試し読み
日本近代医学の父であり、破傷風菌の純粋培養、ペスト菌の発見などで世界に知られた医学者・北里柴三郎の生涯を描く。本作(合本版)は、2024年度に発行予定の新千円札の肖像になるのを記念して2019年に制作されたもの。上巻部分では、ドイツ留学、コッホへの弟子入りなど若き日々を、下巻部分では、ペスト菌との壮絶な闘いはじめ、数々の困難を乗り越える北里の壮年から晩年の人生を描く。

ページ一覧