「保護者のモラルの問題」か「経済的な問題」か
「ベンツに乗っても払わない」とも言われる給食費未納問題。「払わないなら食べさせない」で片付けていいのか。

第三章 欠食児童から始まった学校給食

「欠食児童」という言葉があります。

 お弁当を持たないで学校へ来る子どものことです。そのような子どもたちが給食の歴史と深くかかわっています。しかし、欠食児童が国や地方行政の支援の対象とされたのは、一九五〇年代前半(昭和二〇年代後半)までです。高度成長とともに、この言葉は忘れられてしまいました。

 給食のない夏休み、体重の減る子がいます。「欠食児童」は現在もなお大きな問題です。近年、格差社会が進む中で、この問題はいっそう深刻さを増しています。

 二〇〇七年にベストセラーとなったお笑い芸人りんの田村裕さんの『ホームレス中学生』(ワニブックス)には、一日三〇〇円の食費で暮らすことになった主人公が昼食時に食…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01