「さあ、また地獄が始まるか」
自動車工場で働く僕が見たものとは。「働くこと」の意味を問うルポルタージュの歴史的名著に、最新の情勢を加筆した新装増補版。

「トヨタマンは人間ではない」

 一一月一日 朝は寒かった。ふるえながら小走りに工場へけ込む。

 コンベアにいている自分は、もはや自分ではない。ミッションケースに取りついたまま流されて、ふと眼を上げて前を見た時、「あれっ、こんなところに来ているのか」と驚かされることがある。そこでは突然、コンベアをえて視界がひろがり、たての向う側のドアが開いて光がし込み、フォークリフトが入って来るのが見えたりして、新鮮な感動を覚える。それまでの自分の視界は、見慣れ、さわり慣れた部品によって構築されたさいな世界だけに限られ、流されてたまたまそこを出て視線を上げた時、眼の前の風景は、いま…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01