「さあ、また地獄が始まるか」
自動車工場で働く僕が見たものとは。「働くこと」の意味を問うルポルタージュの歴史的名著に、最新の情勢を加筆した新装増補版。

文庫版あとがき

 トヨタ自動車で働いたころと十年後のいまとでは何がかわりましたか、との質問を受けることが多い。日本では、どうしたことか、自動車工場のじつたいについては記事になりにくいらしく、たずねてくるのは、たいがい外国の記者たちである。国際貿ぼうえきさつのひとつだが、彼らの関心は、日本的経営の秘密にある。

「たいして変ったことはありません」

 とわたしは答える。ベルトコンベアにしようちようされるぶんぎようの極細化とそれによる長時間のたん調ちよう労働が存在し、企業へのぞく意識を支える小集団活動に労働者が参加させられている限り、「絶望工場」の状況は変りようもない…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01