五輪ボランティアと「やりがい搾取」
2020年7月、酷暑の東京。肥えるオリンピック貴族、搾取される学生たち

4章 東京五輪、搾取の構造

JOC」と「五輪組織委」とは

 ここでJOCという団体について見てみたい。会長以下約30名の理事で構成される公益財団法人で、理事は引退した元選手が多く、それぞれのスポーツ競技団体のトップを務めていて強力な権限を持っている。小さく見える団体でも会員数は数万~数十万人いて、それぞれから会費を徴収しているから、その集金力や動員力もばかにはならない。

 元選手たちの引退互助会のような側面を持つJOCは、昔から権威主義的かつ閉鎖的であることから批判が多かった。例えば、リオ五輪までは開会式入場の際に役員が選手団よりも先に入場するという、世界でも類を見ない形式の入場行進をやっていた…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01