「富を求めるのは道を聞くためである」
03年刊『経済学と人間の心』の新装版。効率性よりも人間の尊厳を大切にした経済社会の構築を説く。池上彰氏の解説つき。
シェア ツイート

5部 地球環境問題への視座

16章 社会的共通資本としての環境

■ゆたかな社会を求めて

 ゆたかな社会とは、すべての人々が、その先天的、後天的資質と能力とを充分に生かし、それぞれのもっている夢とアスピレーションが最大限に実現できるような仕事にたずさわり、その私的、社会的貢献に相応しい所得を得て、幸福で、安定的な家庭を営み、できるだけ多様な社会的接触をもち、文化的水準の高い一生をおくることができるような社会である。このような社会は、つぎの基本的諸条件をみたしていなければならない。

1)美しい、ゆたかな自然環境が安定的、持続的に維持されている。

2)快適で、清潔な生活を営むことができるような住居と生活的、文化的環境が用意されている。

3)すべての子どもたちが、それぞれのもっている多様…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01