科学的に正しい記事とは何か?
「コロナ無害化の効果」「ワクチン有効性95%」など、新型コロナウイルスに関して「バズった」コンテンツは数多い。これらは専門家からすると、どう読み取れるのか? かつての記事を深く洞察し、背景や今後に生かせるナレッジを提示する。
シェア ツイート

「ウイルスは存在しない」 極端な話はどうしてバズったのか?

毎月、新型コロナウイルスに関してSNS上でバズったコンテンツを専門家が見て、そこから読み取れる背景や今後に生かせるナレッジを考察する連載企画。第2回は患者数が急増していた202012月中旬にバズった、「ウイルスは存在しない」という情報から、情報を入手・理解・評価・活用する際に受けるバイアスについて、島根大学医学部附属病院臨床研究センター・教授の大野智氏が分析した。

起きて困ることは「起こらないこと」にする癖

 東京都の新型コロナウイルスPCR検査陽性者数が、いよいよ1000人/日の大台に乗るのではないかと緊張感が高まっていた202012月中旬、ウイルスの存在そのものを否定するかのような一風変わった主張をするサイト(注1)のアクセス数が…

01