「AIに代替されない人材」とはどのような能力を持った人か?
AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。

機械翻訳

やふーほんやく⇒×

 音声認識応答技術ではアップルの「Siri(シリ)」、グーグルの「OKグーグル」、NTTドコモの「しゃべってコンシェル」などがしのぎを削っていますが、AI関連各社が激しい競争を繰り広げている分野がもう一つあります。機械翻訳です。外国語が苦手だと思っている人が多い日本人には、まさに夢のアイテムで、すでに多くの人が利用しています。ですが、日常会話や、ちょっとした翻訳の助けにはなっても、厳密さが求められる、たとえば、電気製品のマニュアルだとか、契約書、学術論文などではまったく実用に耐えるレベルではありません。

 とは言え、前世紀にはほとんど使い物にならなかった機械翻訳の精度は、2000年代に入って随分改善…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01