「AIに代替されない人材」とはどのような能力を持った人か?
AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。

そして、AI世界恐慌がやってくる

AIにできない仕事ができる人間がいない

 近未来にAIに人間の仕事が代替される時代がやってきても、これまでのイノベーションがそうであったように、新たな仕事が生まれ、AIで仕事を失った労働力は新しい産業に吸収されていくはずだ。人間と違って24時間働き続けられるAIにより生産性は向上し、経済は成長するはずだと楽観論も見られます。第1章で見てきたとおりです。

 私は、第1章で「質的な違い」と述べました。それは、これまでのイノベーションは、それぞれが一部分の人々の仕事を奪っただけでしたが、AIは勤労者の半数から仕事を奪ってしまうことが予測されている、という文脈からでした。

 けれども、それだけではありません。もし、楽観論者の方々が言うように、A…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01