「AIに代替されない人材」とはどのような能力を持った人か?
AIの誤解・限界を示す一方で、日本人の読解力の低下を指摘。AI化が進んだ未来の行き着く先は、教育の劣化を伴った最悪の恐慌だ。

企業が消えていく

ショールーミング現象

 AI社会では、ホワイトカラーが分断されるだけではなく、企業が淘汰される危険も大きいと想像できます。

 第1章でご紹介したように、基本的には、AIはあらかじめ設定された枠組み(フレーム)の中で、人間が与えた正解(教師データ)に基づいて分類問題や検索問題を解くことと、人間が設定した基準に沿って膨大な数の試行錯誤をシミュレーションなどで行い、強化学習を経て最適化をすることしかできません。例外的に、教師データを用いない「教師なし機械学習」の試みがあります。コストなどの理由、あるいは人間も正解が何かわからないような場合、とりあえず手持ちのデータを機械学習にかけて、大雑把に分類(クラスタリング)したら何か…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01