アフガンは、どうタリバン政権に支配されていったか
なぜテロにはしるのか。なぜ「正義の使者」タリバンは世界の敵になったのか。アメリカ、ビンラディン、タリバン——“運命の三角関係”を読み解く、渾身の現地取材。

2章 イスラム原理主義とテロリズム

戦争するための国づくりに成功した明治維新

 イスラム原理主義や中東情勢は、日本とは縁遠い世界のできごとなので分かりにくい、と言われる。しかし、日本人にとってイスラム世界の情勢を考える際に役に立つと思われる日本自身の歴史的なできごとがある。「明治維新」である。

 十九世紀に西欧諸国がアジアに対する植民地支配を強化していったとき、アジア諸国の支配階級や知識人にとっては、西欧による支配にどう対抗するかが、最も重要な課題となった。

 日本では明治維新によって、西欧に支配されるより前に先手を打って自ら西欧型の近代国家を作り、帝国主義の対立構造の中では支配される側ではなく、い…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01