アフリカ経済が教えてくれる「その日暮らし」の知恵と幸福
世界各地の「その日暮らし(Living for Today)」を追求し、その対極にある私たちの生き方を問い直す。
シェア ツイート

プロローグ

Living for Today の人類学に向けて

*勤労主義と怠け者主義のねじれ

 二〇一三年に映画化された、あおしゆんじゆうの漫画『俺はまだ本気出してないだけ』(小学館、二〇〇七~二〇一二年)の主人公大黒シズオは、魅力的なオジサンかもしれない。四〇歳で脱サラして自分探しを始めたシズオは、美術の評価は最低であったし、能力と成功の根拠となるものはなかったが、ある日突然、漫画家になると宣言する。高校生の娘を抱えたシズオの決断に、父は「そうか、お前はバカなんだな」と涙を流す。編集者に関心を持たれたシズオは、雑誌への応募で努力賞を獲得し、デビューを目指すことになる。だが、その後、シズオは編集者にボツを連発され、花を咲かせることができない。

 ふだんのシズオは、ハンバーガー屋で「店長」のあだ名…

無料公開中のページへ

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01