アフリカ経済が教えてくれる「その日暮らし」の知恵と幸福
世界各地の「その日暮らし(Living for Today)」を追求し、その対極にある私たちの生き方を問い直す。
シェア ツイート

第三章 「試しにやってみる」が切り拓く経済のダイナミズム

 本章では、「仕事は仕事」に通じる Living for Today の論理を基盤とした、経済システムについて考えたい。

 本書の冒頭で指摘した通り、近年、中国とアフリカをはじめとした草の根のインフォーマルな交易が急速に発展している。これに伴い、これまで「取るに足らない」「解消すべきだ」とみなしてきたインフォーマル経済に対する見方も大きく変化しつつある。冒頭で挙げた、インフォーマル交易の台頭に着目した研究者は、アフリカ―中国などの大陸間の長距離交易を取り上げる傾向にあるが、交易のしくみや商実践は、基本的に近距離の東アフリカ諸国間の交易と同じである。たとえば、アジア諸国(中国、香港、タイ)とタンザ…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01