なぜ、カネボウは巨額の損失を隠し続けることができたのか
粉飾には数多くの関与者がいる。なぜ粉飾は後を絶たないのか。その末路とは。カネボウ、メディア・リンクス、ライブドアなどを事例に、粉飾にいたる系譜と構図を明らかにする。

著者紹介

髙橋篤史(たかはし・あつし)

  1968年愛知県生まれ。93年早稲田大学教育学部卒業。日刊工業新聞社を経て98年から東洋経済新報社記者。2009年に同社を退社。現在はフリーランスのジャーナリスト。著書に『ドキュメント ゼネコン自壊』(2002年)、『兜町コンフィデンシャル』(2009年)、『凋落 木村剛と大島健伸』(2011年、いずれも東洋経済新報社)。

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01