なぜ、カネボウは巨額の損失を隠し続けることができたのか
粉飾には数多くの関与者がいる。なぜ粉飾は後を絶たないのか。その末路とは。カネボウ、メディア・リンクス、ライブドアなどを事例に、粉飾にいたる系譜と構図を明らかにする。
← 左にスクロール
シェア ツイート

第Ⅱ部 メディア・リンクスの罰

第四章 循環取引

IPOの明暗

 二○○二年の秋という時期は、新規株式公開(IPO)をするには、あまり都合のよいタイミングではなかった。IT(情報技術)バブルは二年前に弾け、株式市場は再び崩落局面に入っていた。九月三十日の内閣改造人事で金融担当大臣が更迭されるなど、金融不安の暗雲はいまだ厚く垂れ込めていた。その三日後、日経平均株価は九○○○円を割り込み、さらに下げ足を速めていた。

 ハイテク企業の梁山泊とも言えるナスダック(米国店頭市場)の日本進出として、鳴り物入りで始まったナスダック・ジャパン市場はその頃、やっと空中分解の危機を収拾して組織改編の途上にあった。

 日本側パートナーのソフトバンクと手を結ぶ形で構想が持ち上がったの…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01