なぜ、カネボウは巨額の損失を隠し続けることができたのか
粉飾には数多くの関与者がいる。なぜ粉飾は後を絶たないのか。その末路とは。カネボウ、メディア・リンクス、ライブドアなどを事例に、粉飾にいたる系譜と構図を明らかにする。
← 左にスクロール
シェア ツイート

粉飾の論理


電子版発行日 2012101日 Ver. 1.0

著 者  たかはしあつ

発行者  山縣裕一郎

発行所  〒1038345

     東京都中央区日本橋本石町121

     東洋経済新報社

     電話 東洋経済コールセンター

     0356057021

     http://www.toyokeizai.net/

制作協力 東港出版印刷

©︎ Atsushi Takahashi 2012

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01