レーダーから消えた。当て逃げかもしれないから急行する
2008年6月23日、朝。千葉県犬吠崎東方沖350キロ地点で、第58寿和丸はメインエンジンを止めて停泊を開始した。これから起きる大異変など、誰も予想することができない、いつもの海だった。――事故から12年。数々の疑惑に漁師たちが重い口を開き、衝撃の真実が明かされる。
← 左にスクロール
シェア ツイート

1回 転覆

 千葉県いぬぼうざきの東方沖350キロメートル付近といえば、太平洋のただ中である。当然ながら周囲は海ばかりで、陸地はどこにも見えない。そんな洋上で巻き網漁船「第58寿丸」は停泊していた。

 朝7時ごろから、1時間ほどカツオの群れを追尾したが、釣果は出ていない。そのうちに天候が悪くなり、漁を一時中断した。8時には「パラシュート・アンカー」を海中に広げて、停泊することになった。漁師たちはパラシュート・アンカーのことを「パラ・アンカー」と言ったり、それを使った停泊のことを「パラ泊」と言ったりする。パラ泊は荒天時の沖合で用いられる停泊方法だ。落下傘を水中で広げるようにして水の抵抗を使い、船首を風上に向ける。…

01