「不安」の方がニュースバリューを持つメカニズム
「安全」「安心」を追求する当たり前の気持ちが生んだ現象。そこに悪意はない。だからこそ根深い。

東海村JCO臨界事故

 風評被害という言葉を一気に定着させるきっかけになったのが、99930日に起きた、茨城県東海村の核燃料加工施設JCOで発生した臨界事故である。

 これは、ウラン溶液を均質化する作業の最中に、適切でない沈殿槽を用いたために、原子核分裂の連鎖反応が継続して発生する「臨界状態」(本来は原子炉の中での状態)に達し、至近距離で中性子線を浴びた作業員3人のうち2人が死亡するという事故だった。

 国際原子力事象評価尺度で、旧ソ連チェルノブイリ原子力発電所事故(レベル7)、米スリーマイル島原子力発電所事故(レベル5)に続くレベル4となったこの事故は、この時点で日本における過去最悪の原子力事故であった。東海村全…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01