生きるか死ぬか。それが、村山にとっての将棋の正体であり意味であった。
名人を目指し、将棋界に入った村山聖は、重い腎臓病を抱えていた。彼の一手、一局はまさに命懸けだった。

プロローグ

 ゆうは何度も何度も後ろをりかえりながら緑深い山道を登っていった。10人の子供たちは、元気に自分の後ろを歩いている。

 どうしても気になるのは、いちばん後ろからちょこちょことついてくる、もうすぐ4さいになる弟の存在だった。広島市に囲まれたぐんちゆうちようの自宅から歩きはじめて、もう3時間は経過している。11歳になる祐司でさえあしこしにけだるいろうを感じはじめていた。

 しかし、3歳のさとしはひょいひょいと軽快な足どりでぶように山道を歩いている。

「たいしたもんじゃ」とその姿を確認するたびに祐司は弟の体力と気力に感心した。

 近所の子供たちで編成さ…

無料公開中のページへ

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01