生きるか死ぬか。それが、村山にとっての将棋の正体であり意味であった。
名人を目指し、将棋界に入った村山聖は、重い腎臓病を抱えていた。彼の一手、一局はまさに命懸けだった。

さとしのこと

村山伸一 

 私と大崎さんとの出会いは、聖が亡くなった3ヵ月後の暖冬の12月でした。

「将棋世界」(将棋連盟発行の専門誌)に聖に関することを記事にする為、田名後さんと拙宅にお見えになられました。そのとき同席したのは聖の母と、兄、姉の4人でした。

 幼い頃からの写真や聖が残した日誌、書籍、コミック、CD等を見ながら私たちの話をテープに録音し、メモをされました。

 聖の生い立ちを順序だてることなく、各自が記憶を探りながら聖が残したものを通して、彼が精一杯生きた過程について約八時間、夜遅くまでのインタビューでした。

 終始一貫私たちの話をじっくりとかみ締めるように聞かれ、殆ど聞きただされることは…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01