生きるか死ぬか。それが、村山にとっての将棋の正体であり意味であった。
名人を目指し、将棋界に入った村山聖は、重い腎臓病を抱えていた。彼の一手、一局はまさに命懸けだった。

さとしせいしゆん

二〇一三年四月一日発行

おおさきよし

©Yoshio Oosaki 2013

発行者 鈴木 哲

発行所 株式会社講談社

    東京都文京区音羽二‐一二‐二一

    112-8001

◎本電子書籍は、購入者個人の閲覧の目的のためにのみ、ファイルの閲覧が許諾されています。私的利用の範囲をこえる行為は著作権法上、禁じられています。

01

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01