生きるか死ぬか。それが、村山にとっての将棋の正体であり意味であった。
名人を目指し、将棋界に入った村山聖は、重い腎臓病を抱えていた。彼の一手、一局はまさに命懸けだった。

第四章 夢の隣に

自立のとき

 平成5年、B1しようきゆうを果たした村山は、王将戦ちようせんの実績を高く評価されて第20しようたいしようかんとうしよう受賞のえいに浴した。名実ともに一流の仲間入りである。

 しかし、村山の生活の基本スタイルには何の変化もなかった。増える収入、高まる名声、そんなことはどこく風でたんたんといつも通りの生活をりかえしていた。一歩一歩、上りつめてきたもののたにがわ、この二人にはまだ埋めなければならない差があることを村山は熟知していた。

 名声や収入は村山にとってはどうでもいいことであり、何の関心もなかった。

 …

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01