「丸島さんが日本の特許の歴史を開いたんだよ」
特許で守り、特許で攻める。キヤノンの卓抜した技術力の背景には絶妙な特許戦略があった。キヤノン入社以降、特許一筋の人生を歩んだ丸島氏が語る。

ビジネス現場での特許

*攻撃と防御

 ──いまのお話のなかで、攻撃と防御という言葉がでてきました。企業の特許戦略におけるこれらの言葉の意味を教えて下さい。

 丸島 現在一般にいわれているライセンスビジネスというのは、権利を与える方のことばかりをいっているように思えます。特にプロパテント(Pro-patent=特許重視)ということがいわれるようになってから、自社の知的財産を経済評価して、それをどういう会社にライセンスしたらいいかということを戦略的にやっていく。そしてそれをうまく活用して、お金を儲けなさい。そういう時代だということが、いま盛んにいわれているわけです。この場合のライセンスビジネスというのは積極的にでるという意味で、攻める…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01