「丸島さんが日本の特許の歴史を開いたんだよ」
特許で守り、特許で攻める。キヤノンの卓抜した技術力の背景には絶妙な特許戦略があった。キヤノン入社以降、特許一筋の人生を歩んだ丸島氏が語る。

通訳との付き合い

 ──言葉の問題はどのようにされていたのですか。

 丸島 私は英語で表現できないので、通訳を連れて行きます。通訳は、ほとんど社員です。正式な通訳を頼んだこともありますが、多くは社員でした。

 ただ訴訟のときのデポジション(証人喚問)では、こちらの社員の通訳は認められません。そのときは公認の通訳をお願いしました。でも普通の交渉のときは、ほとんど社員でした。その方が仕事の内容も分かっているし、やりやすいのです。ただ通訳にも、ときに聞き取れなかったり、理解できなかったりする言葉があります。それでもなんとか訳そうと努力するのですが、正直なところ、実はこれが一番困ります。

 英語とはいっても、少なくとも仕事の…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01