価値があるのはメダル、僕じゃないのか
まさかの予選敗退。ファイナルでの突然の痙攣。そしてメダルを獲っても「祭り」が終わったら消費されてしまう自分という存在。アスリートは何と戦い、その戦いはいつまで続くのか。その先には何が待っているのだろうか。為末大、高平慎士、石塚晴子、菅野優太、長谷川清勝。5人のアスリートたちの栄光の記録に隠れた、苦悩の記憶。誰も知らない内なる戦い。

ページ一覧