アメリカ、野生の鹿のあいだでコロナ感染爆発――媒介感染のリスクも
アメリカアイオワ州で、人家に近いところに生息している野生の鹿の相当数が、新型コロナに感染していることが明らかになった。牛や豚には感染する可能性は低いとされてきたコロナウイルスだが、野生の鹿がウイルスの「貯蔵庫」となることで変異株が生じ、ふたたび人やその他の動物にうつる恐れがある。外見からは病気の兆候がほとんどわからないため、これまで放置されていた鹿への感染は、はたしてどれほどの脅威になりうるのか。ニューヨークタイムズが専門家に徹底取材。

ページ一覧