戦時下と変わらない「空気を読め」のシステム
エロ・グロ・ナンセンス〜日中戦争・太平洋戦争期までの資料を丹念に追い、一言では言い尽くせない検閲の世界に迫る。
シェア ツイート

「ほんに悩ましエロ模様」は不問

 すでに述べたとおり、レコード検閲官は当初きわめて処分に慎重だった。なぜこれが不問となったのかと思わされるものもあった。

 タイヘイのジャズ小唄「ほんに悩ましエロ模様」(小国比沙志作詞、片岡志行作曲、二村定一吹込)は、地方庁より図書課にたいし、風俗壊乱にあたるのではないかと問い合わせがあった。

胸を合せて ステツプ踏めば/触れる乳房に 血は血で躍る

プンと鼻つく 女のかほり/ホンに悩まし エロ模様

印度サラの カーテン閉めて/絡みからんで 喫いつけ葉巻

恋のサービス スペシアルルーム/ホンに悩まし エロ模様

 図書課では、この歌について「第一節はダンスの際のエロ的雰囲気を唄つたもの、第二節はカフエー等のス…

この作品では本文テキストのコピー機能を無効化しています

01