アラフォー/非正規/シングル 「一億総活躍社会」の影を追いかける
アラフォー/非正規/シングル。気がつけば、崖っぷち。

2章 家事手伝いに潜む闇

中退を引き金に接点を失う

 長年、社会との接点を失ったまま、実家で暮らしている女性も少なくない。

 現在、両親と暮らしている田川三奈さん(三〇歳)は一七歳の時、拒食症とそれにともなう婦人科系の病気にかかったことから不登校になり、高校を中退した。

「もともと体型のことでコンプレックスがあったんですが、ある時、クラスの男子にからかわれたことをきっかけに、まったく物が食べられなくなりました。入退院を繰り返しているうちに学校に通う気力が失せてしまったんです」

 中退してから三〇歳近くになるまで、実家にひきこもりがちな生活を送ってきた。ごく最近、精神科のカウンセラーの勧めもあり、週三日…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01