毎年100兆円、GDPの2割を占める「社会保障」の全体像を知る
制度の成り立ちから、我が国の問題点、改革の方向まで、「ミスター年金」と言われた元大物官僚が解説する格好の入門書。

3】目指すのは「安心と成長の両立」

(1) 経済と社会保障の協働関係の再確認

 第部のテーマは、日本社会のために社会保障に何ができるか、社会保障はこの国の発展のためにどんな貢献ができるか、ということでした。

 キーワードは、「安心と成長の両立」ということだろう、と思います。そのためには、経済と社会保障を対立的に考えないことです。

 本書の中で何度も触れていることですが、これだけ大きくなり、雇用にも企業活動にも市場(消費)にも大きな影響を持つようになった社会保障は、私たちが思っている以上に様々な可能性を持っています。経済をうまく支える社会保障をどのように構築するか。安定成長を確保するための経済改革と、それを支えられる社会保障をつくる。さらに言えば、経済成長に貢献するような社…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01