毎年100兆円、GDPの2割を占める「社会保障」の全体像を知る
制度の成り立ちから、我が国の問題点、改革の方向まで、「ミスター年金」と言われた元大物官僚が解説する格好の入門書。

(3) 経済縮小と消費縮小

──構造的デフレーション

■人口減少と構造的デフレーション

 少子高齢化は経済にも大きな影響を与えます。

 人口が減少すると消費も減ります。労働力も減るため供給も減る。なので経済が縮んでいく。それが普通です。しかし、(1)の冒頭でも述べたように、人口減少の中でGDPを下げないようにみんなで頑張って生産性を上げようとします。すると消費が減るほどには供給は減らないという事態が起こります。構造的な生産過剰です。それはデフレに直結します。つまり人口減少社会にはデフレになる構造が内在しているということです。

 人口減少社会では、これまで世の中に存在していなかったような画期的な新商品、新サービスの創造でもない限り、既存の市場の中で頑張れば頑張るほどデフレになってしまう…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01