毎年100兆円、GDPの2割を占める「社会保障」の全体像を知る
制度の成り立ちから、我が国の問題点、改革の方向まで、「ミスター年金」と言われた元大物官僚が解説する格好の入門書。

(6) 日本の社会保障の現状と評価

──世界一の医療制度

 この章の最後に、日本の社会保障制度が国際的にどう評価されているか、少しだけ述べておきたいと思います。

 日本の社会保障が曲がり角に差し掛かっているのは事実です。ですが、我が国が実現してきた社会保障制度、特に医療や介護(長期ケア)の制度に対する国際的評価はきわめて高いものがあります。

 医療について、私たちが当たり前だと思っていることの多くは、諸外国の医療制度では必ずしも当たり前ではありません。日本の医療保険制度の大きな特徴と言っていいことです。

 例えば、日本の医療保険では、保険が適用されない医療はほとんどありません。よく「アメリカで使えるのに日本では使えないガンの薬がある」などということが話題に…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01