毎年100兆円、GDPの2割を占める「社会保障」の全体像を知る
制度の成り立ちから、我が国の問題点、改革の方向まで、「ミスター年金」と言われた元大物官僚が解説する格好の入門書。

■社会保障・税一体改革

 これも繰り返しになりますが、私たちは将来世代に非常に大きなツケ回しをしてしまったことを忘れてはなりません。GDP2倍以上、1100兆円もの借金を子ども世代にツケ回しています。

 そこを考えると、成長戦略にせよ景気対策にせよ、やたらと金をばらまけばいいというものではなく、そのお金はどこから出てくるかということを考えなければなりません。前述のとおり、未だに政府予算のプライマリーバランスは均衡しておらず、毎年度巨額の赤字財政が続いています。そういう状況で、政府が歳出を拡大して、つまり政府が消費して成長するということをいつまでも続けることはできません。それは社会保障も同じことで、財源の手当てなしに借…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01