毎年100兆円、GDPの2割を占める「社会保障」の全体像を知る
制度の成り立ちから、我が国の問題点、改革の方向まで、「ミスター年金」と言われた元大物官僚が解説する格好の入門書。

8章【新たな発展モデル】北欧諸国の成功モデルから学べること

1】「転換期」にあるという自覚

 現代社会は、日本だけではなく世界を見渡しても、大きな転換期に入っていると思います。これからももっといろんなことが変わっていくでしょう。転換期だということを認識して、国家も企業も、そして個人も、戦略や施策、生き方を考えなければならないということだと思います。

 昨年(2016年)6月、イギリス国民がEU脱退を選択しました。ブリグジットです。11月には大方のメディアが予想だにしなかったトランプ氏が米国大統領選に勝利しました。日本では──ちょっと古い話ですが──2009年に民主党が政権交代を実現したものの、4年も持たずに自民党・公明党が政権に復帰し安倍政権が誕生しました。その間に新たな政党がいくつも…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01