毎年100兆円、GDPの2割を占める「社会保障」の全体像を知る
制度の成り立ちから、我が国の問題点、改革の方向まで、「ミスター年金」と言われた元大物官僚が解説する格好の入門書。

■解決策は労働人口を増やすこと

 ではどうするか。端的に言えば、支え手=働く人を増やす、総人口に占める労働力人口の割合を増やす──増やせないまでもせめて低下させずに維持する──しかありません。とにかく、働いている人を増やす。働けるうちは高齢者にも働いてもらう、より多くの女性が働くようにする。若い世代をフリーターなどで無駄に使わないで、きちんとフルタイムで働いてもらう。要はそういうことしかありません。

 現政権が推進している「一億総活躍」というのは、おそらくそういうことです。実際にやっている施策がうまくいっているかどうかの評価はいろいろあるようですが、それは別にして、やろうとしていること、考え方は間違っていない。

 後で詳述します…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01