逃亡2万キロ! 中国に睨まれた共産党エリートの脱走記
10万人を動かした中国最大の民主化勢力幹部 逃亡2万キロの全記録。まさに現代の『水滸伝』だ。

第二章 かくして私はお尋ね者となった

新公民運動に共鳴した私は食事会を主催する。日増しに当局の監視が強まる中、私の逮捕は時間の問題だった

公盟と新公民運動

 北京からの脱出を余儀なくされた「あの朝」は、どうしてやって来たのか?

 逃亡の過程を述べる前に、事態がここに至った経緯を説明しておこう。私が社会的生命を失うことも顧みずに戦った相手は誰で、守ろうとしたものは何だったのか。やや冗長な話となるが、しばしお付き合いをいただきたい。

 ──私が初めて「公盟」の名を知ったのは2010年ごろのことだった。

 北京大学の法学博士である許志永をはじめ滕彪・兪江らの著名な人権活動家たちが2003年に創設した、中国の権力を監督し民主的な法治制度の実現を目指す組織が母体であ…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01