医療現場で「非合理な意思決定」が行われるメカニズムとは
医療現場での「決められない」「先延ばし」はなぜ起こってしまうのか? 行動経済学を用いて理論的背景とその解決策を示す。

担当医「前回から1週間たちましたね。先週、ご家族とご一緒に説明しましたお腹のがんについて、どの治療でいくか、いかがでしょうか。」

患者「いやあ、どの治療と言われてもねえ。歳も歳だから、しんどいのはいやだけれども、娘は何とかしたらって言うし……。よくわかんないんだよね、どうしたらいいか……。先生、決めてくれないかな。」

担当医「いや、あなたの身体ですし、決めるのはあなたですよ。」

患者「そう言われてもねえ……。決めたことないからねえ……。」

患者の妻「娘はがんばれって言うんですけれども、入院したり毎日通院するのも大変で。お隣さんも去年がんで手術をしたっていうのですけれども、退院してきたら歩けなくなっちゃ…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01