医療現場で「非合理な意思決定」が行われるメカニズムとは
医療現場での「決められない」「先延ばし」はなぜ起こってしまうのか? 行動経済学を用いて理論的背景とその解決策を示す。

5 HPVワクチンを接種しない意思決定

 現在、HPVワクチンの接種はほぼ停止状態である。我々が行った、HPVワクチンの接種者の家族へのインタビュー調査等において、娘への接種は主に母親がその決定をしていることがわかっている。

 では、その母親はHPVワクチンに対してどういう認識をもっているのだろうか。これまでに行ったインターネット調査の結果を紹介する。20143月にHPVワクチン対象年齢の娘をもつ母親に対して行ったインターネット調査では、接種の開始前あるいは開始後に副反応報道に接した母親600名のうち約8割が重篤な副反応(疑い)の生じた割合を実際より多く見積もっていた。特に、娘への接種を行わなかった、あるいは途中で中断した母親でその…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01