医療現場で「非合理な意思決定」が行われるメカニズムとは
医療現場での「決められない」「先延ばし」はなぜ起こってしまうのか? 行動経済学を用いて理論的背景とその解決策を示す。

女性医師「新しく担当になった医師の田中です。どうぞよろしくお願いいたします。」

男性患者「え、女医さんなんですか? 男性の方が安心できるのに。」

女性医師「この病気については私の専門で十分に経験がありますから、ご安心ください。今まであなたと同じ病気の患者さんを数多く治療してきましたし、最新の医学情報に基づく治療を心がけています。」

男性患者「そう言われても……。以前の担当の男性医師は、その場でてきぱきと治療方針を決めてくださっていて、とても頼りがいがありました。」

1 医師の判断は必ずしも合理的ではない

 受験戦争に勝ち残り、医学部で多くの医学知識を勉強し、国家試験に受かってはじめて医師になれる。それに加えて厳しい研修を受けて、それでやっと…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01