医療現場で「非合理な意思決定」が行われるメカニズムとは
医療現場での「決められない」「先延ばし」はなぜ起こってしまうのか? 行動経済学を用いて理論的背景とその解決策を示す。

4 肝がん予防のための肝炎ウイルス検査:佐賀県肝炎ウイルスキャンペーン

肝がん予防のための肝炎ウイルス治療の受療

 肝臓に発生するがんである肝がんには、いくつかの種類があるが、主要なものに肝細胞がんがある。肝細胞がんの主な原因は飲酒などの生活習慣ではなく、約8割がウイルス性肝炎である。内訳はC型肝炎ウイルス感染によるC型肝炎が約6割、B型肝炎ウイルス感染によるB型肝炎が約2割である。したがって、肝がんの死亡率を減少させるためには、つぎの3ステップを速やかに進めることが必要である。第一に、肝炎ウイルスの感染を調べる検査として血液検査である肝炎ウイルス検査を「受検」する。第二に、検査が陽性でウイルス感染が疑われれば、精密検査を「受診」する。第三に、そこで感染が確認されれば、抗ウイルス薬による抗ウイルス治療を「…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01