医療現場で「非合理な意思決定」が行われるメカニズムとは
医療現場での「決められない」「先延ばし」はなぜ起こってしまうのか? 行動経済学を用いて理論的背景とその解決策を示す。

5 後悔感情と参照点

 後悔という感情を考えるうえでの、もう一つの重要な視点が参照点である。これまでの心理学の研究において、後悔が強まる要因として、「いつもと違う行動をとった場合21」や「合理的な選択をしなかった場合」が挙げられている22。例えば、降水確率40ならいつも傘を持って家を出る人が、たまたま傘を持たずに家を出て、帰りに土砂降りの中大変な目にあった場合と、いつも傘を持たない人が同じように帰りに土砂降りの中大変な目にあった場合を考えると、自分の選択をより深く後悔するのは2人のうちどちらかを想像してみてほしい。「なぜ今日に限って傘を置いていったのか」「なぜ雲の動きをアプリで確認しなかったのか」と様々な理由…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01