ユーチューバーの親により、子供が利用されるケースは珍しくない
「幼い子供は、何が行われているか理解できず、同意したり自分の意見を反映させたりすることもできない」「3歳のときに出回ったコンテンツを、13歳になった本人が不快に思っても、もう消すことはできない」ーーネット被害の経験は子供の自殺願望や鬱状態と関連があるとわかっているものの、法的保護はまだ不十分が現状。子供のデジタルプライバシーはどう守られるべきなのか?

ページ一覧