地震、気候変動――世界一の掘削船が明らかにした地球の事情
巨大地震、生命誕生、気候変動——。地球を掘って謎を解く! 地球科学の歩みと現在がすっきりわかる入門書。

巻末用語集

【第一章】

大陸移動説 大陸地殻は、時代とともに相互に位置を変えながら分裂し、その結果、現在の位置に至ったという説。一九一二年にアルフレッド・ウェゲナーが唱え、その後の海洋底拡大説やプレートテクトニクスの出現によって支持されている。ただし、ウェゲナーの説は、一つの超大陸から各大陸の分裂を提案しているが、大陸の衝突ということは提案していない。大陸移動説の萌芽は、イギリスの哲学者フランシス・ベーコン(一五六一~一六二六)に遡るという指摘もある。

大西洋中央海嶺 大西洋のほぼ中央部を、アイスランドから南緯五五度のブーベ島付近まで南北にS字形に連なる中央海嶺。頂上部で水深は約三〇〇〇m、中軸谷の深さは約二…

この作品では本文テキストのコピー機能を制限しています

01